余目遠征お疲れ様でした

どうもこんにちは

先週末、最上川シリーズ第3戦にスポット参戦してきました

いやあ暑い週末でしたね。帰ってきたら4kgも痩せてましたww

とりあえず結果から

決勝 5位・・・

う~んなんとも言えない順位。予選では3位に入り表彰台も見えてはいたのですが、そこは最上川。予選なんてほとんど関係なかった
でも、ホールショットは決めて、1周目は1位でコントロールライン通過したんですよ・・・
今まで、追う立場だったのが、このレースでは追われる立場となり、色々ミスを犯しちゃいましたね
レース後も色々アドバイス頂きましたww(だって、なんにも考えてなかったもん)
最後のTGU遠藤くんとのバトルは面白かった。泥試合だったけどねww

この2週連続レース、結果こそ違かったけれど、得られたものは非常に大きかったですね
大学対抗へのいい練習になったと思います。
再来月に向けて、色々取り組まないと・・・

p.s

こんなカウルデザインをしたところJK(女子高生ではない)さんに怒られてしまいました。しっかりと作り直してこいとのことです。
どうしよっかな~
ネタを仕込みますかww

おしまい

課外活動奨励賞受賞!!

こんにちは

先日、レーシングカート部は昨年の活動実績により、東北大学基金様より課外活動奨励賞を受賞することができました。

様々な方の支えのおかげで、この賞を受賞できたと思います。
奨励金は、部員のより良い活動環境のために使わせていただきたいと考えております。

皆様、本当にありがとうございました。

今後とも、レーシングカート部を宜しくお願い致します。

東北大学基金様のプレスリリースはこちらから↓↓

http://www.bureau.tohoku.ac.jp/kikin/japanese/topics/topics201807.html

 

 

SUGO Rd.3&4 【Result】

花は桜木、人は武士。どうも主将のまつのです。

春は過ぎ、梅雨っぽい梅雨はほぼ来ず。部屋から出ると生暖かい空気に包まれ安心する。そんな季節になってきました。今年の水不足がちょっと心配ですね。

 

そんなこんなでもう夏ですね。しかしながら今年もSUGOはあまり走れなさそうです。SUGOの事情も理解できますが、カートはカートコースでしか乗れない物なので、このままでは更にドンドン人口減っちゃうぞって思うんです。

遠征するしかないのかな。でもそんなお金はないなって葛藤する日々であります。

 

さて、今回のBlogではSUGO Rd.3・4のリザルトについて報告させていただきたいと思います。今回の2レースはRT-PEYTONにとっては何かキッカケになりそうなレースとなりました。


【SUGO Rd.3】

松野 2位
栗山 7位
鈴木 10位

優勝はけい君となり、KRS-DAIとしては開幕戦以来の表彰台&1・2フィニッシュ&PEYTONの今期初の表彰台獲得というレースでした。

 

このレースは某TGUのYMDさんのミスに助けられたという感じがあります。正直我々はペース的についていけてなかった。

僕個人としてはレインでのペースも「まだまだだな」と感じさせられたレースでした。しかしながら1日を通してレインコンディションにおいての成長を果たせたという点で意味が大きくあったレースでした。そしてSUGOで初の表彰台&初の2位という事でまた自信が付き、かつ更に上を目指そうという気持ちになったレースでした。


【SUGO Rd.4】

松野 2位
栗山 3位
鈴木 8位

このレースはPEYTONとしては今期の中で最高の結果となったと思います。前日の土曜日がレインであった&レース当日は午前と午後でレイン→ドライとなり、経験の少ない我々には厳しい1日となりました。

しかしながら、決勝レースでは栗山が「バッチシ」セッティングを当てて大活躍&大暴れの第3位表彰台。これは端的に言って

まじハンパないって

って感じですね。(適当)

僕はセッティングをがっつり外してしまったようでペースに悩まされましたが、栗山が後ろから追い上げてきた所でのサバイバル戦で勝ち取った2位という感じでした。耐えて耐えて荒れた所で生き残ったという感じです。

そして端的に言えば「レース中のバトル楽しかった〜」という感じでした。いろんな人の気持ちが位置どり・動きに見えて面白いですね。


こんなわけで僕自身はSUGO二戦連続2位表彰台となった訳でした。これについては素直に嬉しいし、親にもやっと楽しく報告できそうです。さらにもう一段上に行けるよう努力を続けていきたいと思います。

そしてPEYTONとしても上位に絡んで行けるようにチーム一丸となって戦っていきたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いいたします!

 

実験レポートと研修の英訳のせいでmiserableウィークを過ごした主将まつの

SL 最上川 Rd.1 & SUGO Rd.2 【Result】

おはこんにちは。どうも主将まつのです。春を経て、緑美しい季節になってきました。定禅寺通りも青葉山も美しいです。春と秋は最高ですね。気温的にも景観的にも。

【最上川Rd.1】

さてまず遥か昔の最上川の結果を簡単に。まずは僕のかっこいい写真から見てみましょう。

インスタ映えって感じですね!!!ただレースは反省反省また反省って感じでした。

はいざんねーん!って感じですね。そもそもタイム的に安定感の欠けたレースでした。こんな事では勝てるわけありません。レース後に我妻さんとも色々話しましたが、やはりアベレージタイム向上が課題でした。

【SUGO Rd.2】

さてSUGO Rd.2です。最上川での課題を解決する。それを目標にレースに挑みました。

TT.7位(その後エンジン交換で予選は最後尾スタート)

予選.4位

決勝.4位

てんやわんや。しかしながら1日を通して得た物が多いレースでした。

タイトラ後のエンジン交換、そして予選最後尾スタート。

ドキドキワクワク。

そして11位→4位!!!!!前に行く事しか考えなくて良い。ある意味メンタル的には当然良い状況でした。しかしながらSUZを抜いた後少しタイムが落ちる。そんな前回からの課題は残っていました。そんなこんなで決勝4番手スタート。(桃んが「動画」でまったり通信風←わかる人いるのだろうか)

決勝は持ちタイムの差が如実にでたレース展開だったと思います。語る事は多くありません。スタートで後ろを意識し過ぎたのが一つ失敗(?)。しかしながらアベレージタイムを自己ベストに近い所で揃え続ける事ができました。今回の目標は一つ達成。

さて次の課題は明確です。持ちタイムを上げる事これは新車を入れた僕には逃げ道はありません。明確な目標を一つ一つクリアしていく。挑戦者としての精神を忘れず階段を一つ一つ上がっていけるよう、努力をまた重ねたいと誓った第2戦でした。

さてチームメイトの事。

SUZ:5位

栗山:6位

SUZは全く敵に見えませんでした。予選の時は追い上げてくる僕を振り返っているばかりで、こりゃいつかミスるなと思った矢先にミスり、かつ簡単に僕に抜かされました。決勝もレース前の様子から敵に感じることはありませんでした。レース後新車の割にタイム上がってないじゃんなど色々言ってきましたが、人をディスる前に自分の事に集中して欲しい物です。

栗山の攻める姿勢はとても好きです。これは2年の時の僕にはなかった物。予選レースでミスはあったものの、その後僕が見ていた限りの戦い様は素晴らしい物があったと思います。僕と絡んだりね(笑)まだまだ成長できる。

いつの間にかレースは来週。現役部員では話し合いましたが、我々はチームとしてまだまだレベルが低い。レベルを上げるためには何をすれば良いのか。はたまた、まだ見えていない何かに原因があるのか。チームとしても模索しながら第3戦に挑もうと思います。

中学生以来未だに桃んがファンな主将まつの

最上川練習(????????)

さてSL SUGO Rd.2が終わりました。

練習したい!なのに第3戦まで1回もSUGOで走れない!それなら最上川で走るしかない!

そうだ!どうせだから新入生を最上川に連れて行って、ライセンス取って午後から走っちゃおう!!

 

そのはずでした。

はいドーン。レンタカーを借り意気揚々と向かう先、傍に見える川の増水。

 

こりゃやっべっゾ!(ナダル風)

 

サーキットに着いたら例のプレハブが運ばれてました。ってかあれ運ぶんかーい!(サーキット関係者様本当にお疲れ様です。)

後輩くんもがっくし。しかしながらその後ライセンスだけは取らせて頂きました。本当に忙しい中ありがとうございました!

さて、暇になった。どうしよう?とりま、うまい昼飯、食いに行くか!

うっうまいい!!!!!!!!!

でもレンタカー午後8時まで借りてるしなー。午後ひまだなー。

銀山温泉に行こう。

とまあ気がついたら温泉に入り、後輩、新入生共々裸の付き合いをしたのでした。イレギュラーな日程でしたが、これはこれで楽しく、普段大学生らしい大学生をしていない我々に取っては珍しく大学生したのでした。

ま。たまにはこんな日もあってよいk……いやそんな事よりも新入生に最上川走らせてあげたかったぞおおおおおお!!!!!!くっそおおおおお!

といった複雑な感情ほっこり豊かな心を持ち、カートで使う予定だった額よりも多い費用を観光に使い、仙台に戻って行く我々でありました。

銀山の廃坑にロマンを感じた主将まつの

SUGO Rd.2 終わったな

どうもついに先輩になった2年くりです
グダグダ書いても仕方ないので要点だけ
今回のレースでかなり課題が見つかったかな。ただ、悪い意味じゃなくていい意味で
レースの組み立て方、メンタル面、ドライビング、セッティングどの面においても表彰台に上がった赤い人たちには勝ててない。だけど、向こうの人たちより自分のほうが物理的に伸びしろはあると思う。そこを磨かねば
sugo練習させてくれ
あと半年、あるようで短い

ps.予選でいつも他のカートと絡むのは…

SUGO Rd.1 SUZ

おはこんばんちわ
ブログ初登場3年鈴木です。
実はメカ長日記ことペイトン旧ブログに名前だけは出てたりします。暇な人は探してみてください。

…ここ2年くらいロクに更新されてないので暇じゃなくても容易に発見できますが。
こんなんじゃこの部活がマトモに活動してるかわからなくて新入生が不安になり入る人も入らなくなりそうな気がしてならないので僕もブログを書こうかと思った次第です。

全体的な話は主将がしたのでとりあえず個人的なことをつらつら書いていきます。

とりあえず新車を導入したことを書いた主将に対抗して新しいものについて。
ミラーシールドを導入しました。そしてペイトンカウルに交換。スーツとも合っててかっこいいし、これで見た目の貧乏くささが払拭された。気がする。

さて、肝心のレース結果。

TT 7位
公式練習は皮むきのみでいの一番に切り上げタイヤを温存し、TTスタートでは先頭に立って速い人に抜いてもらってその後ろについてタイムを出そうと画策し実行したまではよかった。
しかし冷間時はY氏とS氏に比べるとあまりに遅くついていけず、温まったころには単独走行になってしまったことで無事に計画が破綻した。これに動揺したか44.9止まり。なんで前日にユーズドで出したタイムより遅いんですかねぇ…ニュータイヤ病ってレベルじゃねぇぞ。

予選 9位
気持ちを切り替えていこうとしたがダメダメ。スタートはぼちぼちだったが5コーナーで膨らみ栗山に抜かれる。その栗山は直後の7コーナーでどこかの赤いチームの人を撃墜したのでそれを避けられたという意味では運がよかったといえるかもしれない。
その後は前も後ろも空いたためほのぼのとそこそこのペースで走っていたが、余裕ができすぎて(なんかフロントのエアが上がりきってないしブレーキも先週より効かない気がするし…)などと余計なことを考えていたら前に人が近づいてきた。(これを抜けば5位になってイン側スタートできるな…)とさらに余計なことを考えること数分。予選ヒートもぼちぼち終わりが近づく。コンサバに行って決勝頑張ろうか~なんて思ってたら急に前のカートが4コーナーの立ち上がりをミスった。当然5コーナーで刺したわけだがなぜか思い切り寄せられ無事接触。俺が原因であるとしてコントロールタワーに呼ばれた。反省はしているが後悔はしていない。あそこで引くくらいなら最初からレース出ないほうがマシ。

あまりのクソ操縦性に残りの周回を消化する間はクラック入り日沢さんカートで前日練習したあの日(2017 SUGO Rd.2 日沢さんカートは廃車に)を思い出した。廃車にならなくてよかった…
結局フレームとシャフトがひん曲がってたため修正していただきました。我妻さんとメカニックのみなさんありがとうございました。

決勝 6位
スタートから3コーナーまでに3台抜いてその後ペースの上がらない栗山をあっさりパス。松野追撃体制へ。ここまではよかった。しかし序盤のごたごたにより離されているうえにペースが思うように上がらずじりじり引き離される。その後後ろから迫ってくる通常の3倍のスピードが出てそうな人に9コーナーであっさり抜かれ、その処理をミスりコンマ2~3秒はロスした。9コーナーはミスると大惨事になるってはっきりわかんだね。抜かれてからペースが上がり始め44.5まで出て数週はつかず離れずだったのでアレさえなければ…と思ったり思わなかったり。結局人間がタレて1秒以上離されて終了してるしifはなさそうだけど。

 

とまぁこんな感じです。とりあえず持ちタイムをもっと上げなきゃお話にならないので練習に励みます。

ちなみに予選ヒートから違和感を覚えていたブレーキですがレースウィークだから弄りたくないなぁと思っていたためレース後にパッドを組み替えたが素晴らしい偏摩耗っぷり。2週間前の最上川で調整したばっかだろ…これだからBirel純正は…社外品買うしかないのか?
あとニュータイヤ7セットも潰してるのに未だにニュータイヤのエアが合わないのどうにかしないと一生勝てなそう。
資金と時間の問題から今年がおそらくフル参戦最後になるので1回くらい表彰台乗って引退したい…と思う今日この頃

実験の予習しなきゃ…

レース終わりのヒトコト

どうもこんにちはくりです。
第1戦終わりましたわ。自分の前の記事↓↓
http://peyton.webcrow.jp/wp/2018/04/14/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%A6/

読んでもらえましたかね?あれはレース前日に書いた率直な気持ちです。
レース全体の振り返りは主将がやってくれてるので、自分のことをちょこっと書きます。

自分は今月の頭ぐらいからタイムが伸び悩んでて、土曜日も最後の方に回復の兆しが見えたかな?ってレベルでした。松野さんの言うとおり、決して土曜日の流れはいいものではなかったのは事実です。ただ、日曜のレースってカートやってて1番楽しいときだし、レース始まったらとにかく楽しんで前のカート追ったり、後ろから追われるしかないと思ってるから、流れ悪いとかタイムでないとかそういうのはなんにも考えないようにはしてます。多分ヒャッホーとか叫びながらレースしてるの自分ぐらいでしょう(笑)

数字的な話をします。
レース前日に書いた記事を実践できたかというと、微妙なところではあります。いちよう自己ベストの44.8を出すこと(その前は45.1がベスト)には成功しましたが、まだまだ改善点はいっぱいあります。44.5ぐらいまでは見えてきはしたんですけど、去年自分のフレームで出た44.2への道はまだまだ見えません。ただ、そこを超えて43秒台に入らないとポディウムの頂点には立てないってことも今回のレースで思い知らされました。前途多難です(泣)

レース内容について
レースは、自分の甘さが色々出てきちゃったなって感想です。
予選は、見事なロケットスタートを決めたものの1コーナー曲がりきれずに2ポジションダウンしたり、

カウルがこんなふうになったり(察してください)色々ありました。
決勝は、スタートであんまりうまく行かず、後ろから速いマシンが2台来る中で、前を追いたい焦りからミスして簡単に抜かれたりとうまくいかない展開が多かったです。

最後にまとめ
練習あるのみ

SL SUGO Rd.1 【Result】

闇の5セメが意外とまだきつくない主将まつのです。(多分実験始まってないから)

↓結果だけ見たい方は最後までスクロールしてください↓

昨日はSUGO開幕戦でしたのでその報告をさせて頂きます。さて。まずはその一週間前の画像から見て見ましょう。

そう!今年は新車シェイクダウン!( ^∀^)早速OB・後輩に煽られてますが。汗

そして乗って思った。

さっさと買うべきだった…!

と。新鮮なフレームってこうも違うんですね。様々な反応を素直に返してくれる!!!素晴らしい。この子と仲良くなる所から始まる。そんな開幕1週間前でした。

 

レースの週末はこの2年間で2番目に良い流れで迎えられた週末でした。自分の中で様々な儀式()を導入し、タイムもBetter。今年は戦えると思えた週末でした。

ただ。人間がまだまだでした。

【YAMAHA TIAクラス】 PEYTON result

4位 まつの

6位 SUZ

7位 くりやま

週末を通して良い流れでしたが、NEWタイヤにしてからのもう一歩が足りない。そしてまとまりが足りませんでした。多分レースだから頑張んなきゃとの焦りもまだあったと思います。前日練習と同じ様にできない、ミスが多いレースになってしまいました。決勝レースも始め付いていけてましたが、ミスで離れ、リズムが崩れまた離れ、と。「速さで負けた」と言うよりは「心で負けた」と自分では思っています。日曜日は1Lapも納得できる物がなかった。そういう事です。

ただ週末を通して「今年は戦える」と強く感じました。そして学部3年、そして研究室的にどうやら今年が最後の年となります。また今年の資金は未来の自分に稼いでもらうことにしました。今年は絶対勝ちたい。

ぺいとんメンバーについて。くりやまよく頑張った。土曜日の流れはあまり良くなかったが気持ちで負けないを実践できていた様に思う。(去年圧倒的精神で負けていたまつのより)SUZにコメントすると喧嘩になっちゃうんでコメントは避けます。笑 今回のレース、個人的にはKRS-DAIで上位5台中4台を目標にしていたのですがまだまだです。今回個人的に嬉しいのはTMAK君の活躍!彼と共に飛躍の一年にしたいものです。

最後に。山田君が勝ちましたね。まあなんとも言えない感情です。ただ僕の気持ちを新たにしてくれた勝利でもありました。勝ちたい。と。

ちなみに最近フォートナイトにはまってます。毎日1プレイしかしませんが。そんなわけでこの番号はフォートナイト意識してたんですよ…????

ぺいとん 心を新たにした主将まつの

 

レースに向けて

明日はレースです。緊張します。
どうもこんにちは、こんばんは。ペイトンのくりです。
前日の夜に書いてるので、寝ろよって言われるかもしれませんが、ちょっと書きたくなったので投稿してみます。
今の自分の走りは、理想としてる走りの80%もできてないし、お世辞にもレースで勝ちにいけるようなものではまったくないのが現実です。早く100%の走りができるようになって、セッティングを決めて120%のタイムを出しに行きたいのですがね…
今できることだけを明日はやって、気持ちで負けるようなレースだけにはしたくないです。
そんな感じで、ゼッケンの下地だけ作って寝ることにします。

あと1点、TKPの写真館に自分の写真がはじめて乗ったので嬉しい限りです。TKPの方々ありがとうございます。

1 / 2ページ

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén