花は桜木、人は武士。どうも主将のまつのです。

春は過ぎ、梅雨っぽい梅雨はほぼ来ず。部屋から出ると生暖かい空気に包まれ安心する。そんな季節になってきました。今年の水不足がちょっと心配ですね。

 

そんなこんなでもう夏ですね。しかしながら今年もSUGOはあまり走れなさそうです。SUGOの事情も理解できますが、カートはカートコースでしか乗れない物なので、このままでは更にドンドン人口減っちゃうぞって思うんです。

遠征するしかないのかな。でもそんなお金はないなって葛藤する日々であります。

 

さて、今回のBlogではSUGO Rd.3・4のリザルトについて報告させていただきたいと思います。今回の2レースはRT-PEYTONにとっては何かキッカケになりそうなレースとなりました。


【SUGO Rd.3】

松野 2位
栗山 7位
鈴木 10位

優勝はけい君となり、KRS-DAIとしては開幕戦以来の表彰台&1・2フィニッシュ&PEYTONの今期初の表彰台獲得というレースでした。

 

このレースは某TGUのYMDさんのミスに助けられたという感じがあります。正直我々はペース的についていけてなかった。

僕個人としてはレインでのペースも「まだまだだな」と感じさせられたレースでした。しかしながら1日を通してレインコンディションにおいての成長を果たせたという点で意味が大きくあったレースでした。そしてSUGOで初の表彰台&初の2位という事でまた自信が付き、かつ更に上を目指そうという気持ちになったレースでした。


【SUGO Rd.4】

松野 2位
栗山 3位
鈴木 8位

このレースはPEYTONとしては今期の中で最高の結果となったと思います。前日の土曜日がレインであった&レース当日は午前と午後でレイン→ドライとなり、経験の少ない我々には厳しい1日となりました。

しかしながら、決勝レースでは栗山が「バッチシ」セッティングを当てて大活躍&大暴れの第3位表彰台。これは端的に言って

まじハンパないって

って感じですね。(適当)

僕はセッティングをがっつり外してしまったようでペースに悩まされましたが、栗山が後ろから追い上げてきた所でのサバイバル戦で勝ち取った2位という感じでした。耐えて耐えて荒れた所で生き残ったという感じです。

そして端的に言えば「レース中のバトル楽しかった〜」という感じでした。いろんな人の気持ちが位置どり・動きに見えて面白いですね。


こんなわけで僕自身はSUGO二戦連続2位表彰台となった訳でした。これについては素直に嬉しいし、親にもやっと楽しく報告できそうです。さらにもう一段上に行けるよう努力を続けていきたいと思います。

そしてPEYTONとしても上位に絡んで行けるようにチーム一丸となって戦っていきたいと思います。

今後とも応援よろしくお願いいたします!

 

実験レポートと研修の英訳のせいでmiserableウィークを過ごした主将まつの