レース終わりのヒトコト

どうもこんにちはくりです。
第1戦終わりましたわ。自分の前の記事↓↓
http://peyton.webcrow.jp/wp/2018/04/14/%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%A6/

読んでもらえましたかね?あれはレース前日に書いた率直な気持ちです。
レース全体の振り返りは主将がやってくれてるので、自分のことをちょこっと書きます。

自分は今月の頭ぐらいからタイムが伸び悩んでて、土曜日も最後の方に回復の兆しが見えたかな?ってレベルでした。松野さんの言うとおり、決して土曜日の流れはいいものではなかったのは事実です。ただ、日曜のレースってカートやってて1番楽しいときだし、レース始まったらとにかく楽しんで前のカート追ったり、後ろから追われるしかないと思ってるから、流れ悪いとかタイムでないとかそういうのはなんにも考えないようにはしてます。多分ヒャッホーとか叫びながらレースしてるの自分ぐらいでしょう(笑)

数字的な話をします。
レース前日に書いた記事を実践できたかというと、微妙なところではあります。いちよう自己ベストの44.8を出すこと(その前は45.1がベスト)には成功しましたが、まだまだ改善点はいっぱいあります。44.5ぐらいまでは見えてきはしたんですけど、去年自分のフレームで出た44.2への道はまだまだ見えません。ただ、そこを超えて43秒台に入らないとポディウムの頂点には立てないってことも今回のレースで思い知らされました。前途多難です(泣)

レース内容について
レースは、自分の甘さが色々出てきちゃったなって感想です。
予選は、見事なロケットスタートを決めたものの1コーナー曲がりきれずに2ポジションダウンしたり、

カウルがこんなふうになったり(察してください)色々ありました。
決勝は、スタートであんまりうまく行かず、後ろから速いマシンが2台来る中で、前を追いたい焦りからミスして簡単に抜かれたりとうまくいかない展開が多かったです。

最後にまとめ
練習あるのみ


前へ

SL SUGO Rd.1 【Result】

次へ

SUGO Rd.1 SUZ

1 コメント

  1. タケ

    くり、お疲れさま。レースは楽しめてたみたいだね。外から見てても、走りが硬くならずにのびのびと走れている感じがしたから、あとはペースさえあれば強い走りができるようになると思う。
    ひとまず一発でも良いタイムが刻めるように、走りを研究してみてください。そうすれば自ずとアベレージタイムも向上してくると思います。

コメントを残す

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén